SEO対策・ホームページ制作はコンバーションの為

webサイト制作からSEO対策までの本質的な問題を徹底解説。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOを売り上げ繋げる可能性を上げる為に、如何なる準備が必要なのか?

●キーワード選定時の知識とセンス
皆様はSEOを依頼される際、もしくは自社で実施される場合、何を基準に何を判断基準として対策キーワードを選定されるでしょうか?正直な話しSEOの成功を売り上げに繋げ費用対効果を取得できるかの有無はこの時点で70%決まっていると言っても過言ではございません。

私がSEO対策の相談を頂く際は、大抵のお客様はキーワードに関してのご要望を既にお持ちの状態の場合が多いです。※※で検索上位になる為には幾らかかりますか? 
※※で検索順位を上げる事は可能ですか? 最初のお問い合わせは大抵このような内容だと記憶しています。

ホームページ作成 福岡

仮に私が何の調査もせず、このキーワードに対しての見積もりを取りお問い合わせ者に通知し、お問い合わせ者はこの金額を基に他社にもあいみつを実施し、内容・料金だけで最終決定をするとします。(別に悪い事ではありません。)そうしますと、SEOを売り上げに繋げ費用対効果を取得すると言う部分において、成功有無の70%までの作業を、お問い合わせの方が実施したと言う事になるわけです。

結果、そのキーワードからの毎日のトラフィック状況があまり優れるものでなければ、仮に検索順位が1位だろうと10位だろうと、売り上げには繋がらない。また売り上げに少しは繋がったが費用対効果は感じれなかった。と言うような現象が起こる可能性は決して低いものではないでしょう。SEO対策で費用対効果を実感する為には、この作業が非常に重要なのです。

質の高いアクセス訪問者を獲得する為のキーワード選定


スポンサーサイト

SEOとはコンバージョンを得る為と言う目的を達成させる為の一つの方法

●検索順位向上だけではサイトコンバージョンに繋がらない理由
SEO対策でサイトコンバージョンがなかなか向上しないと言う方が口を揃えておっしゃる事として、「※※※(所定キーワード)で検索順位は高いのに何故サイト売り上げが増えないのでしょうか?」と言う相談を受ける機会が多いように感じます。
また、「現在対策を依頼している会社やサイトを制作した会社に問題があるのでしょうか?」と言うような内容も相談される事も少なくありませんしかしながら本質的な問題はそういう部分にはありません。本質的な問題とは外部者ではなく、依頼している運営側にあります。運営者が事前に自社サービス・商品等をインターネットを介して如何に販売して行くのか?と言う具体的な検討や以後の検証作業が必要です。
ホームページ制作 SEOがコンバージョンに結びつかないのではなく、検索順位向上をコンバージョンに繋げる為の各施策(順位向上以外の要素への)が不足している事が実質的にはコンバージョンが得られていない大きな要因である事も少なくないのです。下記項では、検索順位向上をコンバージョンに繋げる為のアクションとして運営者が知っておきたい事や取り組むべき事項に関してレポートさせて頂きます。


【必要にされている記事一覧】

SEO対策 費用対効果

検索ユーザーの心理 SEO対策

ホームページ外注


webコンバージョンが上がらない大きな2大要因

ホームページを単純に形式のみリニューアルさせても、webコンバージョンが向上する事は殆どありません。私は多くのリニューアルのご相談を頂きますのでそのような事をハッキリとお客様にお伝えしてしています。
ではその理由とは・・・・?それは、ホームページからのコンバージョンが上がらない要因が実はホームページだけにあるものではないからなのです。ホームページが古いからコンバージョンが増えない。アクセスがなかなか増えないからコンバージョンが増えない。多くの運営者様はそう考える事が多いですが、実際の理由としましては、商品(サービス)に関心を抱く方から閲覧されていない。または商品(サービス)自体の価値を提供できていない。商品(サービス)に関心を持つユーザーがせっかくサイトに訪問してきてくれても、そのユーザーがコンバージョンを行いたいと思う決め手に欠ける。ホームページリニューアル戦略が低い事一因の一つです。
またサイト自体のナビゲーション等がわかりづらいなど・・・


【PR】検索の多いキーワード

ホームページ問題点 リニューアル

SEO対策 お問い合わせ保証

ブログリンクでのSEO対策

「本業もあるのに、そんな事をする暇がない」そう言う方は何れかの形でお金を使う事

安い=手間が少ない(工数が低い)実はWEBサイト関連会社では上記のような考えが常識的な考え方なのです。ですからお客様がマニュアルを見ながらサイトを作る為のテンプレート配布の場合は、制作業者に見積もりを出すよりも格段に安く作れると言うロジックとなっております。商品を物流させているクライアント様の価格決定時を思い浮かべると分かり易いかも知れません。通常は、仕入れ額に「利益」を上乗せした価格設定を行うはずです。この上乗せした部分は何でしょうか?「手間や加工作業」ではありませんか?。このような原理でWEBサイト関連会社も価格を決めていると言う事なのです。と考えた場合に、リニュアールを行う上で私が最も重要に考える要素は、そのサイトを今後、運営される担当者様(私にとってのクライアント様)の「意識の改革、知識改革」と言うわけです。
正直な話し、ホームページ問題点 リニューアルサイト運営者様自身がサイトを使うと言う事を強く意識しなければ、私がその部分までを仮に引き受けると言う事、それは即ち私の工数が上がると言う言葉で言い換える事が可能です。そのような事を考えて行くと、当社も含めて各制作会社が提供するサポートとは実はたかが知れているはずなのです。仮に毎月1万しかもらっていないお客様のサイトを管理するとなると、更新処理を数回行うと言う程度になるでしょうし、逆に工数に見合う金額が抽出できればそれに見合う「成果」を外部に求める事も可能だと言う考えです。

【PR】よくご質問頂くQ

CMSでwebサイトを制作する利点

滞在時間や直帰率の改善

売上に繋げるSEO対策


労力を極力少ない時間で実現する為にCMSを採用したサイト構成

SEO対策に関しての各人の情報の中に高い確率で含まれる要項として、『サイトの更新頻度』と言う考えが含まれます。確かに検索順位と更新頻度とは密接な関係のある事です。しかし更新をすれば検索順位が上がるのか?と言われますと、そう単純なものではありません。サイトの更新を行う最たる利点とは何かと言われれば、私ならば『クローラーの巡回頻度を高める』と答えるでしょう。検索エンジンクロール頻度向上の方法を参照下さい。
ここで考えたいのはサイトの更新の定義に関してです。通常は新しい記事が生成された際に更新と呼ぶ事もございますし、既存のページの手直しを行う事でも更新定義とする場合がございます。両者ともに『サイト更新作業』です。検索エンジンは、WEBサーバーにアップされた日時を更新と言う定義で捉えるものですので、何れかの作業が行われた場合に更新が成されたと言う認識が生まれるのです。

 | ホーム |  »

プロフィール

ホームページ制作 

Author:ホームページ制作 
100%のSEOホームページ費用対効果の強い ホームページ制作をコンセプトに制作を展開しています。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。