SEO対策・ホームページ制作はコンバーションの為

webサイト制作からSEO対策までの本質的な問題を徹底解説。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索エンジンから自社(店舗)を探してもらう

SEO対策とは検索エンジンから自社(店舗)を探してもらう為の施策の1つです。その手法や狙いは業種・業態・事業主によって様々です。もし貴方が「SEOがもたらすもの」を大きく履き違えていたとしたら、それは単に「検索上位にランクされる事による自己満足」でしかないといえるでしょう。

「SEO対策が本来持つ意味とは一体何なのか?」ここではSEOに対する解釈を改めて見直す必要性について解説致します。まずSEOを施す場合の代表的手法は次の2つです。
続きはこちら|検索ユーザーの心理 SEO対策
スポンサーサイト

ネット上でクチコミされる事(作為的ではない形式)を検索エンジンは評価として重視する

私が自分のアメブロやその他のブログからバックリンクを送って検証した結果としてある程度の確信があり、今回はこのような記事を配信させて頂いております。 ではブログサイトはSEO対策に使えないのか? 

この解釈は、大間違いです。SEO業者の中にはブログサイトからのリンクは評価が低いと言うような方もいますが、実はブログサイトからのバックリンクこそ、検索エンジンは評価しているのでは?と思える位にブログサイトからのリンクは正当に評価されやすい側面を持っています。

但し、あくまでもブログからのリンク全てが評価されると言う事ではなく、一定の条件をクリアーしたリンクは評価されると言う事です。ブログからリンクを送る際は、自動的に生成されない場所からのリンクが有効であると言う事です。※記事の文中からの自然な形式でのリンクが適切。

尚、Googleは作為的に順位を上げる為にリンクを購入する行為をスパムとして『評価しない』または、それらの行為が悪質な場合は『インデックスを削除する』と我々に通知しています。勿論、Googleのクローラーは目視で1つ1つのホームページを検証しているわけではありませんから、上記のようなSEO対策のみを実施したとしてもGoogleの検索エンジンから目を付けられないようにしていれば、検索順位は高いままと言うような事もあるでしょう。

(※実は多い)しかしこれが逆に、Google検索エンジンの管理者達から『このサイトのバックリンク数やリンク先は怪しいぞ』と目を付けられてしまいますと、これまで効果のあったリンクの評価を無くされたり、低くされる事も可能性としてはあります。

続きはこちら|ブログリンクでのSEO対策


デザインに予算を投入する事は適切か?

ホームページでも新規集客を行いたい・ホームページで新規集客に取り組みたい。ホームページを集客できるようにしたい。など お客様から製作時に頂く『要望』は多種多様です。しかし、ここで理解して頂かねばならない事は、上記の実現は私とお客様の関係で作って行くものであると言う事であり、私一人が作れるものではないと言う事なのです。

私が出来るのは、ホームページと言う『形』を形成する事、お客様の意図や狙いをホームページ内にシステムとして実装する事、ホームページを育てる為の守護神的な立場でアドバイス・時には作業を代行して実装する事なのです。ですから何度かお伝えしておりますが、サイト運営者様の意識や知識からグルリと変える必要っがある場合もあるわけです。上記の前置きを踏まえた上で、今回は下記の記事をご参照ください。

私は福岡県のお客様の新規ホームページ制作やリニューアルのご相談を良く頂いております。皆様、検索された結果、私にまず色々お問い合わせをしてくれます。今回はそのようなお話し野中でお客様に最初に必ず確認する事、選択の必要性に関して言及したいと思います。デザインはサイト構築・ブログ構築時には非常に重要です。相手に分かりやすく伝えると言う部分では重宝します。

しかし 見てもらえなければ意味がないものとなります。っと考えた場合に見てくれる対象が既にかなり多く存在する方ならば、デザイン重視で考えてみると良いですが、見てくれる方を増やしたい方ならば、果たしてデザインに予算を投入する事は適切か?と言われると頭を捻ります。

続きはこちら|自力更新 ホームページ制作

SEO対策で何を狙うのかを明確にしている方の場合

Googleの検索エンジンが進化している中でもその情報を知らない方にとっては、まだまだ「SEOすればアクセスが上がって売り上げに繋がる」はずと考えている方が多いのではと、当社に送られてくるご相談内容を見ていると思う事があります。

SEO対策とはあくまでもwebサイトのコンバージョンを高める為の一つの方法ですから、検索上位がそのままコンバージョンに繋がると言うような事はそう簡単には起こらない事の方が普通なんです。SEO対策 福岡
しかしSEOにコストをかけるならば当たり前ながらその費用対効果を実感したいと言うのが人間心理ですし、各言う私自身も

当社のサイトには無数のSEO対策を施しております。当社の場合は自社で実施しますので他社に予算を使う事はありませんがそれに対する知識(技術)や労働力と言う観点で言えばコストは決して低いものではないのです。
webサイトでのパーソナルブランディング

この記事を読んでいる方の中には「矛盾してるんじゃないか」と感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、上記の違いの最たる部分は、「SEO対策=検索順位を上げる事」としか考えていないか、インターネットからコンバージョンを向上させる為の青写真を描きそれら実現の為にSEO対策=検索順位を上げると言う部分を全体施策の一環として捉えてられているかの違いではないかと言う部分です

特に昨今のGoogle検索エンジンのアルゴリズムにおきましては上記のような運営者の考え方の違いは検索順位にも重要な比重を占めてくるものとなります。機械の評価だからと言って侮る事は出来ません。順位を上げる為のSEO施策は評価しないがサイト最適化を図りユーザー動機に対して適切なページをナビゲーションの為のSEOならば評価は高まると言う傾向は今後ますます強くなる事が予想されるでしょう。

web広告を配信できる企業や店舗、既に市場認知力が高いような企業や店舗の場合

ホームページ制作と聞くと、デザイン性にばかりに目が向いてしまいますが、市場認知がそれ程に高くない企業や店舗にとってまず重要な事は自社のWEBの存在を様々な手法で認知してもらう事であり、その為のアクセス施策を考えた上でのサイト設計が不可欠であると言う事が言えます。

決してデザインを無視すると言う事ではなく、デザインと言う人の評価が万別な要素に対してのみ予算を発生させるのではなく、ホームページを運用をイメージした上で、どのように運営して行くのか? その為に何が必要なのか?を踏まえたサイトを制作しなければ、結果的にコンバージョン・費用対効果は低いものとなってしまいます。

当社が、このような部分に目を向けて警報を鳴らすのは、これまでに多くの運営者からリニューアルの依頼を受ける際の動機の部分で、自社のwebコンバージョンの低さの改善したい。集客・販促できるものにしたいと言う声を頂いていた事にあります。

勿論、web広告を配信できる企業や店舗、既に市場認知力が高いような企業や店舗の場合は、デザイン性重視のサイトを制作してもコンバージョンを高める事は可能でしょうが、一般の企業や店舗が同等の手法を採用する事は難しいのであれば、意向の切り口自体を変える事が必要でしょう。集客webサイト

 | ホーム |  »

プロフィール

ホームページ制作 

Author:ホームページ制作 
100%のSEOホームページ費用対効果の強い ホームページ制作をコンセプトに制作を展開しています。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。