SEO対策・ホームページ制作はコンバーションの為

webサイト制作からSEO対策までの本質的な問題を徹底解説。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOを行えば・検索順位が上がれば勝手に費用対効果が上がるわけではない

●アクセス数の問題
⇒検索順位が上がってもそのキーワード自体が検索される回数が多くなければ勿論、サイトセッション訪問数が伸びない。故にコンバージョン(反響)数は見込めない。

●コンバージョン確率の問題
⇒検索数が上がってもその検索を行う方の動機が、コンバージョン(反響)に繋がらない動機の方が強い場合例えば、Aと言う商品の使い方について調べる方or Aと言う商品を購入するお店(web)を探す方とでは、コンバージョン(反響)に繋がる確率が全く異なります。
上記を見て頂けますと分かりますが、webコンバージョン(反響)数を高めて費用対効果に繋げる為の理想的な考えとしましては、高いコンバージョン率を見込そうなキーワードから多くアクセスを受ける為の施策の策定し、SEOと言う方法でそれらを実現させると云う事にあります。
yahooやGoogleへのSEO対策
但し、上記はあくまでも理屈です。現実的には高いコンバージョンを見込めるようなキーワードを如何なる方法で探すのか? コンバージョンが見込めるキーワードを探しても先客(ライバル)が多数ではないのか?など他社の存在を意識したり、方法論を議論し検証したり、常に改善に励みながら、SEOをコンバージョン(反響)と言う目的に繋げて行くと言う対策者と運営者の管理・共有意識と明確なアクションがSEOでコンバージョンを上げる為には必要と言えます。

しかし・・・・・運営者側に立ってみますと、実際に上記のようなサポートを本当に展開してくれるの?本当にSEOをコンバージョン(反響)に繋げれるの?などの不安は、これだけの情報では、実感数が伴っていなければ当たり前に拭い去る事は出来ないのではないかと思います。
スポンサーサイト

検索アルゴリズムから如何に評価を得る事が出来るのか?

ホームページ制作後はSEO対策を実施した方がサイトコンバージョンが上がるのでしょうか?と言うような内容のご相談を最近非常に多く受けます。行なった方が良いかどうかを簡潔に回答するならば、行なった方が良いと思います。

しかしその回答だけでは親切とは言えません。SEO等を既に実施されていらっしゃっている方であれば実感されている事も多いと思いますが、SEO対策を単純に行なえばそれだけで事業コンバージョンが向上するものではありません。

SEO対策とはあくまでもwebでマーケティングを成功させる(認知ー訪問ー購入)為の一環の工程であるわけで、如何なる市場に如何なるキーワードでSEO対策を施すか、訪問して頂く方の訪問動機や検索動機なども捉えながら訪問者の動機を満たせるようなコンテンツや訪問者にとって分かりやすく不快感を与えないナビゲーションなど、サイトの内部構成への対処も重要なポイントとなってきます。ホームページ制作 SEO

 | ホーム | 

プロフィール

Author:ホームページ制作 
100%のSEOホームページ費用対効果の強い ホームページ制作をコンセプトに制作を展開しています。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。