SEO対策・ホームページ制作はコンバーションの為

webサイト制作からSEO対策までの本質的な問題を徹底解説。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOを行えば・検索順位が上がれば勝手に費用対効果が上がるわけではない

●アクセス数の問題
⇒検索順位が上がってもそのキーワード自体が検索される回数が多くなければ勿論、サイトセッション訪問数が伸びない。故にコンバージョン(反響)数は見込めない。

●コンバージョン確率の問題
⇒検索数が上がってもその検索を行う方の動機が、コンバージョン(反響)に繋がらない動機の方が強い場合例えば、Aと言う商品の使い方について調べる方or Aと言う商品を購入するお店(web)を探す方とでは、コンバージョン(反響)に繋がる確率が全く異なります。
上記を見て頂けますと分かりますが、webコンバージョン(反響)数を高めて費用対効果に繋げる為の理想的な考えとしましては、高いコンバージョン率を見込そうなキーワードから多くアクセスを受ける為の施策の策定し、SEOと言う方法でそれらを実現させると云う事にあります。
yahooやGoogleへのSEO対策
但し、上記はあくまでも理屈です。現実的には高いコンバージョンを見込めるようなキーワードを如何なる方法で探すのか? コンバージョンが見込めるキーワードを探しても先客(ライバル)が多数ではないのか?など他社の存在を意識したり、方法論を議論し検証したり、常に改善に励みながら、SEOをコンバージョン(反響)と言う目的に繋げて行くと言う対策者と運営者の管理・共有意識と明確なアクションがSEOでコンバージョンを上げる為には必要と言えます。

しかし・・・・・運営者側に立ってみますと、実際に上記のようなサポートを本当に展開してくれるの?本当にSEOをコンバージョン(反響)に繋げれるの?などの不安は、これだけの情報では、実感数が伴っていなければ当たり前に拭い去る事は出来ないのではないかと思います。

SEOばかりに意識したリンク構築をするよりも、アクセス導線としてのリンク構築

SEOの部分ではお客様によく聞かれる事の中に、自分に関係ある業種の方との相互リンクが良いですか?的な質問がありました。外部リンクとサイト内部との関係性実質的な答えが確立されているわけではありませんが、なんとなく検索エンジンは関連性の低いサイト同士のリンクは好まない傾向はあるようです。(好まない傾向があると言うだけで効果がないと言っているわけではありません)
私は外部リンク構築に依存したseoは、今後更に進化するだろう検索エンジンには通用しないと思っています。ですから結果的に更新も含めたドメイン強化策とコンテンツクオリティーの向上に努める事をクライアント様には常日頃から警鐘しております。少々前置きが長くなりましたが、それらを踏まえた上で、今回は記事タイトルにしている内容を考えていきたいと思っています。



他社との違い(強み)は何かと問われましたら、お客様のご要望を最大限に尊重させて頂きます

SEO対策において、お客様が何が最も重要な要素かと聞かれます。私は、SEO対策のキーワード選定キーワード選定力であると迷わず答えます。その理由は、検索順位を上げる事とそのキーワード検索からコンバージョンを上げる事は、同義のように思えて実は全く異なる対策のお話になるからです。
例えば、※※※※と言うキーワードで検索上位を模索するクライアント様がいらっしゃる場合、クライアント様の場合に最も気になる部分は、そのキーワードが上位になるのか?と言う事の場合が多いです。対して、当社側が最も注意して確認するのは、そのキーワードで検索順位上位になった場合においてそのお客様サイトがどの位のコンバージョンが上がる可能性があるのか?と言うある程度の調査です。
SEO対策と聞くと、YahooやGoogleで特定のキーワード検索を受けた際に、既に商品・サービスに興味を抱いている潜在ユーザーに対して自社サイトをPRする方法として、常にそのキーワード検索を受けた際に表示上位(10番目以内)を目指す為の対策を皆様は想定します。


【PR】検索件数の多い記事

SEO対策の必要性

webサイトでのパーソナルブランディング

ホームページ制作会社


SEOと言っても幅広い要素

昨今はこれらが単体でも効果は低い事も実証されておりますし、逆に「デザイン的な差別化」や「情報配信による差別化」はたまた「メルマガによる販促手法」等数えられるオペレーションは無数に存在します。 その中でも、やはり多くの方が興味を抱かれる対策の中にSEO 福岡「SEO対策」と言うキーワードは外せません。SEM対策を行う上でもホームページ制作会社のSEO的な知識は実は非常に密接に関係する事もございます。
私はこれまで多くのブログ記事を配信させて頂きました。その中には今年に入ってからはSEOに関する記述も非常に多くなってきてます。しかし正直な話し、過去の記事が埋没するブログにおいては、
情報配信は非常に難しい部分であり、あくまでも自分のみしか分からないのではないか?と強く思っておりました。今後はSEOと言っても幅広い要素を下記のようなレポート形式にて配信させて頂きたいと考えております。
【KCEマーケティングの業務内容】

福岡 ホームページ制作


cms ホームページ制作


google seo対策




訪問数を期待できる良質と思われるキーワード

売上に繋げるSEO対策つまりコンバーション(反響)に繋がると思われるキーワードから,より多くの検索を取得する事がSEO対策において重要であるといえます。常に,コンバーションに繋がると思われるキーワードからの検索数を中心に考え,それらに繋がる定義として「質の高いセッション,どんなキーワードで検索されているのか?」を日々リサーチする事が大切です。【コンバーションとは?】...サイト訪問ユーザーからの反響を示します。当社では「実際に売上に繋がると推測される,質の高いアクセス」をコンバーションの定義としています。

●あなたの検索動機を満たしているサイトの場合⇒サイト内でもっと情報を取得する⇒直接メールを出す⇒電話をする など

●あなたの検索動機とは異なるサイトの場合
⇒そのサイトは閉じて別のサイトを探す⇒数ぺージは見るが深くは見ない

恐らく多くの方が,このような行動を取っているのではないでしょうか?
すなわち「サイトとユーザーの動機の一致」こそ重要であり,本当の意味での検索エンジン最適化といえるでしょう。

サービスに関する記事一覧

検索エンジンクロール頻度向上の方法

滞在率が向上するwebサイト

ホームページリニューアル戦略



«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:ホームページ制作 
100%のSEOホームページ費用対効果の強い ホームページ制作をコンセプトに制作を展開しています。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。