SEO対策・ホームページ制作はコンバーションの為

webサイト制作からSEO対策までの本質的な問題を徹底解説。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様の目指したい結果に対する現況サイトの強みや弱点

お客様がご要望されるデザインやサイト仕様の変更は非常に重要と考えますが、それ以上に向上・改善させたいコンバージョン(反響)数に対しての目標値を中心に考えた制作プランや運用プランを含んだリニューアルの御提案を最重視しております。
●現況の把握

●改善点の模索と実施アクションの検討(提案)

●改善点への取組み(アクション)※自社・外注者のそれぞれが実施

●感覚的・数値的な検証

●修正点、強化ポイントの検証と再アクション

●意図する数値の改善、(コンバージョン確率の向上)

●目標達成

●新たな目標の設定

当社では上記フローを重視します。故に他社とは異なり、デザインやサイト構成を中心に提案・見積りを行なうのではなく、お客様がリニューアルによって得たい効果コンバージョン(反響)数の実現の為のプランを企画(制作・運用面それぞれで)させて頂いております。ホームページをリニューアルすれば売り上げ(販売数)は上がるのですか?

リニューアルを検討する際に何故そうしたいのか?と言う部分にフォーカスする必要があります。

ホームページを単純に形式のみリニューアルさせても、webコンバージョンが向上する事は殆どありません。私は多くのリニューアルのご相談を頂きますのでそのような事をハッキリとお客様にお伝えしてしています。ではその理由とは・・・・?それは、ホームページからのコンバージョンが上がらない要因が実はホームページだけにあるものではないからなのです。ホームページが古いからコンバージョンが増えない。アクセスがなかなか増えないからコンバージョンが増えない。

多くの運営者様はそう考える事が多いですが、実際の理由としましては、商品(サービス)に関心を抱く方から閲覧されていない。または商品(サービス)自体の価値を提供できていない。商品(サービス)に関心を持つユーザーがせっかくサイトに訪問してきてくれても、そのユーザーがコンバージョンを行いたいと思う決め手に欠ける。またサイト自体のナビゲーション等がわかりづらいなど・・・ホームページリニューアル戦略

キーワード検索からwebサイトコンバージョンを上げる

「SEOの結果」とは、表記上位に入る事だけではありません。最低でも、既に商品・サービスに興味を抱いている潜在ユーザーに対して自社サイトをPRする事なのです。SEO対策において、お客様が何が最も重要な要素かと聞かれます。私は、キーワード選定力であると迷わず答えます。ホームページ制作 福岡
039[1]

その理由は、検索順位を上げる事とそのキーワード検索からコンバージョンを上げる事は、同義のように思えて実は全く異なる対策のお話になるからです。ですから、私はSEOサポートの始まりはキーワード選定から始まっていると思っておりますし、他社との違い(強み)は何かと問われましたら、お客様のご要望を最大限に尊重させて頂きつつも、SEOアドバイザーとしてコンバージョンに繋がるキーワードを1つでも多くお伝えしてあげる事。
ホームページで販売促進|YahooやGoogleで特定のキーワード検索


顧客にあたえる価値であり最大の差別化要因

大手ハウスメーカーのプロモーション力と商品のブランド化、低価格化に伴い売上高が減少傾向にあった地域型工務店ですが、地域内コミュニティという大手ハウスメーカーでは参入する事が困難なポジションを設定する事で、他社との差別化を図り、地域内情報を生かした住宅提案と連携した柔軟な対応で消費者へ他社に真似できない価値の提供を実現するポジションニングです。それでは、競合他社との差別化要因となるポジショニングの手順について解説していきます。
ホームページ制作 福岡|差別化 図るポイント

web広告を配信できる企業や店舗、既に市場認知力が高いような企業や店舗の場合

ホームページ制作と聞くと、デザイン性にばかりに目が向いてしまいますが、市場認知がそれ程に高くない企業や店舗にとってまず重要な事は自社のWEBの存在を様々な手法で認知してもらう事であり、その為のアクセス施策を考えた上でのサイト設計が不可欠であると言う事が言えます。

決してデザインを無視すると言う事ではなく、デザインと言う人の評価が万別な要素に対してのみ予算を発生させるのではなく、ホームページを運用をイメージした上で、どのように運営して行くのか? その為に何が必要なのか?を踏まえたサイトを制作しなければ、結果的にコンバージョン・費用対効果は低いものとなってしまいます。

当社が、このような部分に目を向けて警報を鳴らすのは、これまでに多くの運営者からリニューアルの依頼を受ける際の動機の部分で、自社のwebコンバージョンの低さの改善したい。集客・販促できるものにしたいと言う声を頂いていた事にあります。

勿論、web広告を配信できる企業や店舗、既に市場認知力が高いような企業や店舗の場合は、デザイン性重視のサイトを制作してもコンバージョンを高める事は可能でしょうが、一般の企業や店舗が同等の手法を採用する事は難しいのであれば、意向の切り口自体を変える事が必要でしょう。集客webサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

ホームページ制作 

Author:ホームページ制作 
100%のSEOホームページ費用対効果の強い ホームページ制作をコンセプトに制作を展開しています。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。